朗読劇『マガツハナ -白雪の桜-』台本 ~3冊セット~

朗読劇『マガツハナ -白雪の桜-』台本 ~3冊セット~

  • Physical (via warehouse)
    3,500 JPY
    It will take time to arrive

◆商品紹介 2019年11月に東京・六行会ホールで公演された、朗読劇『マガツハナ -白雪の桜-』の台本3冊セット。本公演は「和花編」「浅黄編」「虎徹編」と3つのストーリーで構成されており、各公演ごとで異なる3人の目線で物語が展開していく。 ※全内容ではなく、各主人公で一部内容が異なります。 ーーーーーーーーーーーーーーーー 【あらすじ】 17 歳の外村和花は冬休みに母親の実家を訪れていた。 その島では人と狐が暮らしており、狐を「神」として祀る一方で、「邪」として狩る者たちもいた。 和花が祖母に誘われてお祭りに行くと、そこでは信じがたい光景が繰り広げられていた。 目の前に現れる無数の狐... 何かに取り憑かれたように狂いだす人... 人間を躊躇なく斬りつける黒装束... 恐怖で逃げ惑う和花は突然奇妙な世界に迷い込む。 ーオウマガトキ、それは昼と夜が移り変わり、現世と常世が交わる瞬間ー 和花が出口を探していると、目の前に1人の狐が現れる。 「災いをもたらす者、お前は要らない、消えろ!」 狐が和花を消そうとした瞬間、彼女が大切にしていたお守りの鈴が鳴る... 「どこに行ったって、必ず迎えに行くから」 和花を救ったのは、狐の面を付けた 1 人の青年だった。彼を通して明かされる主人公の秘密と、人間と狐の間で繰り広げられる恋愛や闘争を描いたサスペンスロマンス ーーーーーーーーーーーーーーーー 原作・監修:大河ゆの/脚本:山城もえ ◆商品内容 ・『マガツハナ -白雪の桜-』和花編台本 100P ・『マガツハナ -白雪の桜-』浅黄編台本 100P ・『マガツハナ -白雪の桜-』虎徹編台本 100P 「和花編」は島の外から訪れてきた高校生の外村和花と、狐と人の間の子である洸夜を中心に、2人の過去に隠された秘密が明らかにされる。 「浅黄編」は狐守りで巫女の佐路浅黄と、狐の長である雪白を中心に、生まれた時から決まっている「役割」と、自らの「意思」の間で葛藤する2人の物語が描かれている。 「虎徹編」は古いしきたりに憑りつかれている島民に対し、嫌気がさし、狐を狩る事に無意味さを感じている狐狩の若宮虎徹と、人間を愛する事ができない慈愛の狐神紅波の関係が描かれている。 ◆受注期間 こちらの商品は12月31日(火)までの受注商品です。 ◆発送 発送は1月を予定しております。

About shipping
Shipped from warehouse

These products are shipped from BOOTH warehouse as soon as payment is confirmed.

Shipped from home

These products are packed and shipped from the seller. "Ships within ~ days" are the estimated number of days from when payment is confirmed at BOOTH until the item is shipped.
Items shipped by Anshin-BOOTH-Pack will be delivered anonymously.

Download item

You will be able to download these products from "Purchase History" at any time after payment is confirmed.

Shipped from pixivFACTORY

These products are manufactured and shipped by pixivFACTORY as soon as payment is confirmed.

◆商品紹介 2019年11月に東京・六行会ホールで公演された、朗読劇『マガツハナ -白雪の桜-』の台本3冊セット。本公演は「和花編」「浅黄編」「虎徹編」と3つのストーリーで構成されており、各公演ごとで異なる3人の目線で物語が展開していく。 ※全内容ではなく、各主人公で一部内容が異なります。 ーーーーーーーーーーーーーーーー 【あらすじ】 17 歳の外村和花は冬休みに母親の実家を訪れていた。 その島では人と狐が暮らしており、狐を「神」として祀る一方で、「邪」として狩る者たちもいた。 和花が祖母に誘われてお祭りに行くと、そこでは信じがたい光景が繰り広げられていた。 目の前に現れる無数の狐... 何かに取り憑かれたように狂いだす人... 人間を躊躇なく斬りつける黒装束... 恐怖で逃げ惑う和花は突然奇妙な世界に迷い込む。 ーオウマガトキ、それは昼と夜が移り変わり、現世と常世が交わる瞬間ー 和花が出口を探していると、目の前に1人の狐が現れる。 「災いをもたらす者、お前は要らない、消えろ!」 狐が和花を消そうとした瞬間、彼女が大切にしていたお守りの鈴が鳴る... 「どこに行ったって、必ず迎えに行くから」 和花を救ったのは、狐の面を付けた 1 人の青年だった。彼を通して明かされる主人公の秘密と、人間と狐の間で繰り広げられる恋愛や闘争を描いたサスペンスロマンス ーーーーーーーーーーーーーーーー 原作・監修:大河ゆの/脚本:山城もえ ◆商品内容 ・『マガツハナ -白雪の桜-』和花編台本 100P ・『マガツハナ -白雪の桜-』浅黄編台本 100P ・『マガツハナ -白雪の桜-』虎徹編台本 100P 「和花編」は島の外から訪れてきた高校生の外村和花と、狐と人の間の子である洸夜を中心に、2人の過去に隠された秘密が明らかにされる。 「浅黄編」は狐守りで巫女の佐路浅黄と、狐の長である雪白を中心に、生まれた時から決まっている「役割」と、自らの「意思」の間で葛藤する2人の物語が描かれている。 「虎徹編」は古いしきたりに憑りつかれている島民に対し、嫌気がさし、狐を狩る事に無意味さを感じている狐狩の若宮虎徹と、人間を愛する事ができない慈愛の狐神紅波の関係が描かれている。 ◆受注期間 こちらの商品は12月31日(火)までの受注商品です。 ◆発送 発送は1月を予定しております。